2010年03月01日

疾走れ、撃て!4 - 神野オキナ

疾走れ、撃て!4 - 神野オキナ


疾走れ、撃て 4 (MF文庫J)


疾走れ、撃て!(4)

虎紅の妹とか母親が出てきたけど、母親の挿絵がないのが残念。

母親も魔導師官で、「銀の魔女」って呼ばれてたということは、

たいていのラノベは、

別名がある=強い

が成り立っている気がするので、いつかは戦闘に出てくるのかな?

何巻かは忘れたけど、魔導師官と杖は基本的に引退がないと

どこかに書いてあった気がする。
(召集されれば行かなくてはいけないとかだったかな?)

一巻の最後の方だっけな?

まあ、そんなんでいつかは出てきて欲しい。

というか、キャラ絵がみたい。


あとは、なんか敵がテナント(だったかな?)ではなく、

門とかいうのでもこれるらしいというのが、

今回初めて出た設定なのかな?

敵はテナントからだけだと思っていたんだけど、

思い違いだったのかなぁ。

一巻から読み直せば分かるんだろうけど、どうしよう。

今度読み直して、確認でもしておこうかな。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへブログランキング
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】


普通の人の読書感想日記 TOPへ
posted by 普通人 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疾走れ、撃て! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

疾走れ、撃て!



今日の本は神野オキナさんの「疾走れ、撃て!」です。

このお話は戦争ものっていうより、防衛ものという感じの話です。
何処が違うんだ?っていうと、相手が攻めてきたら守り、
こちらから攻めることはないところでしょうか。

この本の感想は主人公がサンドイッチに呪われてるんじゃないの?ってくらいに壮絶なサンドイッチを食すことになります。でも、きちんと残さずに食べる姿勢はすばらしいです。
あと、他にも面白いところが有ったんですが、最初の方に一回だけ出てくる「華社ミヅキの父親」のノリ(?)がお気に入りです。


普通の人の読書感想日記 TOPへ
posted by 普通人 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疾走れ、撃て! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする