2010年02月25日

わるぷるキス!3 - 内山靖二郎

わるぷるキス!3 - 内山靖二郎


わるぷるキス 3 (MF文庫J)


わるぷるキス!(3)


ブラック委員長が、すげえ。

でも、まあ、最終的には、やっぱりそうなんだ・・・な展開。

それと、委員長は挿絵が今回初めて出たのかな?

見た瞬間に委員長!と分かる人なのは、

キャラ設定がしっかりしてるからかな。

まあ、見れば分かるよと言ってあげるといい。
(誰にかは知らないけど。)


最後の敵は、名前を言ってはいけないあの人みたいな感じの人だった。
(某有名海外児童小説とは何の関係もありません。)

この敵の最後のセリフは大体のラノベ主人公に使える気がする。

「女殺しとでも改名しなさいな。」

ラノベの真理をつくセリフだとなぁ、これって。


さて、そんな感じで最終巻から感想紹介しちゃったので、

1,2巻は後々、感想を書いていこうかな。

そうちょっと、続いて欲しかったけど、

このまま続けてもダラダラと続くイメージしか湧かないから、

外伝みたいなので、日常の続きとかを書いて欲しいな。

願えば叶うはず。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


普通の人の読書感想日記 TOPへ
posted by 普通人 at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | わるぷるキス! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする