2010年03月14日

会社を建てるなら

会社を建てるなら

株式会社 SS が妥当だろうなぁと。

SS 株式会社じゃ、語呂が悪いし。

あとは、SSって何の略ですか?

と聞かれたときの対処法は、

ああ、さくら咲くですよ。

とでも言っておけば、問題はないはず。

間違っても、世界征服の略とは言ってはいけない。

と、色々と深夜なので考えてたんだけど、作れたら作ろうかな。

株式会社 SS

事業内容(方針?):法律のグレーゾーンをついて、荒稼ぎ。

こんな感じになるのかな?

まあ、儲かることで会社を作ればいいか。

そんな感じで、夜が更けてくよ。

楽しくいきましょう。

なんというか、まったくオチがないな、これ。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへブログランキング
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】


普通の人の読書感想日記 TOPへ
posted by 普通人 at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雷撃☆SSガールシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

神と世界と絶望人間 03-08 - 至道流星

神と世界と絶望人間 03-08 - 至道流星


神と世界と絶望人間 03−08 雷撃☆SSガール2 (講談社BOX)


神と世界と絶望人間 03-08


後半の部分ですが、IPOをして上場企業になったとこからの話。

M&Aをしてどんどん企業規模を大きくしていく様子には、

やっぱり企業の大きさの見た目も市場では重視されているのだなぁと。

しかも、最終的には企業の中身が何もなかったのが、

最終的には粉飾をしなくてもよくなるほどの企業になるとは。

というか、数字の流れがきれいな会社だからマネーゲーム企業って、

どんだけ株式市場はありえないところなんだろう。

まあ、一応、フィクションだからそんなもんかとも思うが、

株をする上で色々と調べたら、確かに怪し過ぎる企業や事件とかも

あるから、たぶん、こんなことは日常的なんだろうな。

ただ、いまはまだ、資金量が市場に少ない時期っぽいらしいから、

こういう企業は少ないかもしれない。

出来る時期は、前巻の方でいっていたが、

素人が狂ったように株式市場に参入してくる時期辺りに

こういう事が出来るんだろう。


監査法人の話も確かにそのとおりだと思う。

国や証券取引所が金を払って、監査するわけではないのだから、

お客である企業の意向を受けなければ、次は取引がなくなるんだから。

こういうことも考えると、まともな企業は上場しているところには

少ないのかもしれない。

まあ、投資家や投機家にとっては、儲かればいいだけの話だけども。


エピローグで、リンやジンが出てくるが、

そのあとの海斗とリザの会話でリーマン・ブラザーズの話が出てきて、

雷撃☆SSガールだと、その後の話だったような気がするんだがと思い、

改めて読んでみたら、少なくとも2008年2月よりも後の内容にとれて、

パラレルワールド?と思ったのだが、気になって、著者の至道流星さんに

問い合わせをしてみたところ、
(以下は要約というかそんな感じでしたよ的なアレンジ文。)

元々は別の小説(シリーズではない)で、色々な事情からシリーズに

なってしまったので、いったん出来上がったものに調整を入れたため、

時系列にズレがでたとのこと。

なるほどと納得できましたが、個人的には忙しくて、

返信が貰えないんだろうなぁと思っていたので、

返信を貰えたことが嬉しくて時系列のズレは

横においておくみたいな感じです。


最後に、あとがきで書かれている内容は、結構ショックな話でした。

一言で言うと権力って、怖いね・・・。ってことです。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへブログランキング
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】


普通の人の読書感想日記 TOPへ
posted by 普通人 at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雷撃☆SSガールシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

神と世界と絶望人間 00-02 - 至道流星

神と世界と絶望人間 00-02 - 至道流星


神と世界と絶望人間 00‐02 雷撃☆SSガール2 (講談社BOX)


神と世界と絶望人間 00-02


最初の方は箱の表の男の人生が色々と無茶苦茶になっていくのが

書かれていて、後半からやり返すために資金を得ていく流れに。

ただ、天才少女のリザがいるのかどうかが微妙と感じられたが、

話の内容にはあまり出てこない面で活躍しているらしい。

雷撃☆SSガールのリンみたいとはいっていないのは残念だが、

その代わり別の人物(女)がいるのでそれと二人でペアなのかな?

まあ、初めて出てくるときは8歳なので無理やり活躍させるには

さすがに無理があるんだろうと個人的には解釈した。


それにしても、日本の政治家の名前が普通に出てきたり、

実際に起こった事件も普通に出てきたりすると、

さすがに最後にフィクションと書かれていても、

基本はノンフィクションなんじゃあと言いたい。

あと、この本の内容がフィクションであるなしに関わらず、

どこの国もこんな感じだろうなぁと現実を突きつけられるのは、

やっぱり実際にあったことを時系列的に並べているからかな。


最後に、もし、リザのような世界を嫌っていても

あんなに素直な子が身近にいれば、確実に楽しいんだろうなぁと思う。

まあ、色々とあるけども、

そんなもんか

と楽しく笑いながら暮らせるように

日々、色々と楽しんでいけばいいさ。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへブログランキング
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】


普通の人の読書感想日記 TOPへ
posted by 普通人 at 03:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雷撃☆SSガールシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

雷撃☆SSガールを

雷撃☆SSガールを

電撃☆SSガールと間違えていたみたい。

さっき、直したけども、夜中に書いたから&電撃文庫をよく読むから

だと思うんだが、痛いね。

まあ、直したからいいんだけどね。

さて、そんな訳で(どんな訳かは???で)、

来月の一日に、「雷撃☆SSガール2 下」が出るので、

入手したら、上の方を読む、というか、下も一気にいきたい。


では、世の中まともじゃねえなぁと思いながら、

今日の残りを生きましょう。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


普通の人の読書感想日記 TOPへ
posted by 普通人 at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雷撃☆SSガールシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

雷撃☆SSガール-至道流星

雷撃☆SSガール-至道流星


雷撃☆SSガール (講談社BOX)


雷撃☆SSガール

これ、読んでみたかったんですが、

買うのをどうしようか迷っていたんですが、

読書感想と著者のブログを読んですぐに、

雷撃☆SSガール2の上巻も楽天で注文しましたよ。


で、届いてから2〜3日あけて読みました。

もの凄く面白かったし、読みやすかった。

とどまる勢いを知らないって言うくらいに

サクサク読み進めていける、読みやすさ。


この本の読者対象は、

あるていど、実際の社会を知りたい方は、

読まんほうがいい内容かもしれない。

読んだら?な人は、株とか金融商品に手を出している、

ラノベが好きな人は読んだほうがいいかも。


あと、作者の至道流星さんのブログにある程度、

解説みたいなのがあるので、サイドバーにリンクをつけて置くので、

気になったら、そこで確認してみるといいかも。

SSnovel.comってやつです。

ただ、ネタバレ的なものもあるので、気をつけるといいかな?
(ただ、読んでも大丈夫かと。)


雷撃☆SSガール2の方は3月に下巻が出るので、

それから、読むつもり。

それと、2の方は、敵側のお話です。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


続きはあるけども、基本、読まないほうが吉。

適当に毒を吐いているから、読まんほうがいいかと、本当に。







続きを読む

普通の人の読書感想日記 TOPへ
posted by 普通人 at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雷撃☆SSガールシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。