2014年10月31日

チート薬師の異世界旅 1 - 赤雪トナ

赤雪トナさんの
「チート薬師の異世界旅」1巻が届きました。

この話は同じヒーロー文庫から出ている
赤雪トナさんの「竜殺しの過ごす日々」と同じく、
既に完結しているので、
またほぼ毎月に続刊とかありそうです。

それでも続きが待ち遠しい場合は、
小説家になろうで読めますよ。

リンクはこちら
チート薬師の異世界旅(旧題:神様?チート異世界転移で薬師旅)


それで、
いま読み終わったのですが、
イラストは竜殺しよりもこちらがいいな、と。

それとなろう版とは、
細々と違う部分がありますね。

違う部分は、
1章の「移動前」で別世界からもう一人同じ世界に旅立っていたり、
3章の「きっかけの町」は遺跡(?)を見つけたりです。
(他にもあるかもしれません)

純粋に追加部分としては、
最後の付録「薬話1、2」や「道中記1」がそうでしょう。

付録の話は、
なろう版で書かれなかった設定などを
ショートストーリーにして説明という感じですかね。

何時の時代に出来た薬なのかや、
初登場の宗教が有ったりなので、
強ち間違いって訳ではないと思います。

まあ、
取り合えず言えるのは、
「やっぱり、セリエがいいですねー」
と唐突に話題転換(笑)。

いや、
ホントにイラストが付いて、
セリエが可愛いわーとしか。

個人的に良かったセリエのイラストは
挿絵のp187の涙を堪えているのと
p233の呆れ顔ですね。

もうね、
初めにもう一人が勇者の近くに行った事で
何かあるのかなーってのが、
どうでも良くなったくらいに挿絵が良かった。

マーベラス!!
ってヤツですよ。

そんな感じで、
チート薬師をなろうで読んで気に入ったのなら、
誇示脱字も直っていて読みやすくもなっていたので、
買ったけど損にはならんかったよー、と。

あ、でも、
イラストが気に入らなかった場合は、
どうなんだろうね?

個人的には付録の話とかが、
全部揃えると設定集モドキになりそうなのと、
ゴゼロ(後で出てくる無双するゴブリン)の話も出てきそうだから、
買い続けると思うけど。

ま、表紙のイラストを見て、
「何か違うかな?」って思ったら、
立ち読みとかしてから決めるか。

ではでは。

チート薬師の異世界旅 1 (ヒーロー文庫)
チート薬師の異世界旅 1 (ヒーロー文庫)


普通の人の読書感想日記 TOPへ
posted by 普通人 at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説家になろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック